遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

遠距離恋愛が2年目に突入したら考えたい3つのこと

      2017/04/08

lgf01a201405130600

遠距離恋愛になって2年が経ったら、結婚を考え始める人も出てくると思います。

このタイミングで結婚を検討しないと、遠距離恋愛を続けることは厳しくなるでしょう。

1年もたせるのが難しいといわれる遠距離恋愛を2年続けられたら、お互いに信頼関係がかなり築けていると思われます。

そして、それ以上に2人の愛が揺るがないものになっているはずです。

著作者:benjamint444 ライセンス http://creativecommons.jp/
トップ画像著作者:SCA Svenska Cellulosa Aktiebolaget ライセンス http://creativecommons.jp/


スポンサーリンク

遠距離恋愛で2年続くのは凄いこと!

学生や20代前半なら、すぐに結婚とはいかなくても就職や進学を機に近距離に移り住むこともできるかもしれません。

年齢が若いほど、不安に打ち勝つ精神力がなかったりします。

その場合は1年続かずに2人の関係が終わってしまうかもしれませんが、2年続いたなら年齢に関係なく、やはり将来に向けて話し合ってみるといいでしょう。

 

結婚か同棲を考える時期にきている

一方、お互いに仕事を持っている社会人で遠距離恋愛という場合には、結婚か別れる以外に遠距離恋愛を終わらせる方法はないと思います。

もちろん、結婚しないなら別れるというのは極端ですが、デートにお金も時間もかかる遠距離恋愛を無期限に続けるのは、時間とお金を浪費することになりかねません。

人の恋愛感情は3年くらいで冷めていくそうです。

遠距離恋愛では距離が遠いぶん、心の距離も感じてしまうので、近くに住んでいる場合よりも冷めてしまう可能性が高くなるといえます。

つまり、遠距離恋愛を始めて2、3年のうちに結婚を考えられなければ、付き合うことに無理を感じるでしょう。

遠距離恋愛が2年続いたら、結婚か同棲を考えたほうがいいというのは、このためです。

スポンサーリンク

結婚の準備を始める

lgf01a201405220700
著作者:油甲桂 ライセンス http://creativecommons.jp/

では、実際に結婚に向けて話し合うにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、経済的な自立です。遠距離恋愛を解消して一緒に住むということは、どちらかが一時的にでも仕事を失うことです。

一緒に住むための引っ越しや家具を揃えなければならないので、お金がかかります。それに対応できるための貯金、結婚式を挙げる費用などを2人で協力して貯めなければなりません。

最近の若い男性は、結婚したら1人で家族を支えるというよりは、奥さんにも働いてもらいたいと考える人が圧倒的に多数派です。結婚しても奥さんが働き続けることが前提でないと結婚を考えられない男性が多い、というほうが実際です。

経済的に依存しないことが大切です。

 

結婚すると、家事は女性の仕事になりがちです。専業主婦でない限り、家事も分担してもらわなければ生活に不満が出てきます。

また、結婚にはどうしても家族、親族が関わってきます。遠距離へ引っ越すことにはリスクもあります。

彼とよく話し合って、せっかく2年続いた遠距離恋愛を成就させるよう頑張りましょう。


スポンサーリンク

 - 遠距離恋愛のコツ , , ,

  関連記事