遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

遠距離恋愛のコツ

全国転勤の彼氏と遠距離恋愛のとき彼女がやるべき3つのこと

投稿日:2014年11月2日 更新日:

AL008-ookinayoukyuu20140722500-thumb-1200x800-5349

全国転勤がある仕事のために遠距離恋愛になっているカップルも多いと思います。

彼が転勤してきた場所で出会って付き合い、遠距離恋愛になったカップルもいるでしょう。

遠距離恋愛から結婚となった場合、かなりの確率で女性は仕事をとるか結婚をとるか、という選択をせざるを得なくなります。

結婚するとなったとき、彼はあなたにどうしてもらいたいと考えるでしょうか。

 

仕事を辞めて全国転勤についてきてほしい、自分は単身赴任でも彼女に仕事を続けてもらいたい。

このうちのどちらかになることが大半だと思います。

ただ、男性が1人で家庭を支えるというのは経済的に難しく、結婚しても働き続けてもらいたいと考える人が多数派です。

となれば、彼の転勤先でパートなど非正規の仕事をすることになるでしょう。

人生と仕事を左右する結婚。全国転勤のある彼と、どのように遠距離恋愛をしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

手に職を持って、全国どこでも働けるように

介護や医療系のような、慢性的に人手不足の業界で働ける資格を持っているのが、全国転勤がある彼と結婚する最強の仕事だと思います。

パソコンとインターネットさえあれば、どこでもできる仕事というのもあります。

イラストレーターや文筆業など、会社に雇われるだけでなく、フリーランスで働いていれば、比較的住む場所にとらわれずにすみます。

安定した収入を得られるようになるまでに時間がかかりますが、まだ学生さんなら、

このような働き方もあることを視野に入れてみてもいいかもしれません。

 

結婚も仕事も。彼が単身赴任

結婚はしたいけれど、仕事にやりがいがあるから辞めたくない。彼も承知してくれるなら、単身赴任してもらうしかありません。

結婚という法律的に認められた関係にあれば、安心感もありますが、子どもをつくるタイミングを逃してしまうことが多いそうです。

また、子どもができたとしても、彼が全国転勤をしていれば、ほとんど1人で子育てしなければならなくなります。

結婚は、もちろん2人で決めることですが、どうしても両親が関わってきます。

そこで、彼の両親が息子の単身赴任を希望しないとしたら、別の手を考える必要が出てくるのです。

スポンサーリンク

結婚に縛られずに、遠距離恋愛を続ける

AL001-3roukawohashiru20140830500-thumb-1200x800-5323

20代前半なら、全国転勤のある彼と遠距離恋愛のままでいることも十分可能です。

仕事に慣れて一人前になるまでは、じっくり考えて付き合うことも大切です。

しかし、周りが結婚し、子どもができ始める年齢になれば、いつまでも遠距離恋愛していることに不安を持たずにはいられなくなります。

結婚しない、子どもを産まないのも1つのライフスタイルとして認められつつある時代ですが、

それは女性がかなり経済的に安定していなければ難しい選択です。

 

結婚がすべてではありませんが、女性には子どもを持てるタイミングが限られています。

婚外子も認められるようになってはくるでしょうが、差別的に見られるなど、まだまだ困難が多いのが現実です。

全国転勤のある仕事だと分かって遠距離恋愛を選んだなら、2人で真剣に将来を考えなくてはいけません。

仕事か結婚か、というのは遠距離恋愛の乗り越えなくてはならない問題です。

これを女性だけの問題とせずに、彼が譲歩してくれるかどうかということも、結婚していい相手かどうかを見極めるポイントなのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-遠距離恋愛のコツ
-, , ,

執筆者: