遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛だから貯金できないは嘘?近距離カップルとの比較で差額が明らかに

投稿日:2014年10月27日 更新日:

お金がかかるのは仕方ない!?遠距離恋愛では貯金できない

N112_nayandahyoujyou500-thumb-750x500-2068

だって恋人はすぐ近くにはいないのですから、新幹線や飛行機に乗って会いに行かねばなりません。

「彼氏には会いたいけれど正直なところ、お財布が苦しい」といった女性も多いはずです。

そうしたお金の苦労は次第に相手を思う気持ちに影響を及ぼしかねません。

遠距離恋愛をしているから貯金できない!

 

貯金できない理由を遠距離恋愛のせいにしてしまうこともしばしば。

たとえ貯金できない理由が他に合ったとしても、すべては遠距離恋愛が原因なんてことになりかねません。

そうなってしまうと現状に嫌気がさし、別れを意識するようにもなります。

スポンサーリンク

遠距離恋愛では貯金できないといった現状は本当?

そこで、遠距離恋愛では貯金できないといった現状は本当であるかを調べてみました。

その結果、ある事実が判明したのですよ。

ある事実とは・・・

「遠距離恋愛でも貯金ができる」です!

遠距離恋愛では交通費や宿泊費などの費用が必要となります。

 

しかし、その頻度を考えると多くて月2回といったところでしょう。

交通の手段は新幹線、飛行機、夜行バスなどといった種類があります。

早めの予約など、お得な割引サービスを上手く利用して、少しでも交通費の削減の工夫をすれば毎月の支出を抑えることができます。

遠距離恋愛に必要な費用はこうした交通費が占める割合が大きいので、会う回数が少なくなれば必要経費は必然的に少なくなります。

スポンサーリンク

近距離カップルの方が負担が軽い?

PAK21_bistroQtableset500-thumb-813x500-3122

遠距離恋愛ではないカップルはデートは頻繁です。

それはそれで幸せなことではありますが、その度にデート費用がかかりますよね。

週に3~4回のデートをこなせば、食事代やもろもろ、かなりの費用となります。

月にすると12~16回。

それに比べて月に1~2の遠距離デート。

どちらが負担が小さいでしょうね。

 

お互いが負担することで軽減を

頻繁にデートはできないかわりに、デート費用をそのまま貯金に回すことだってできるのです。

遠距離恋愛では貯金できないといったイメージはがらりと変わりますね。

しかし、ここでひとつ注意しなければいけない点があります。

それは遠距離恋愛における経済的な負担を男女、どちらか一方のみが背負わないようにすることです。

仮にあなたの方から彼氏に会いに行くことが多くても、その交通費は彼氏にも負担してもらう必要があります。

 

毎回の交通費をあなただけが負担をしていると、正直キツイですよね。

「今月はピンチなんだ・・・」と彼氏に打ち明けないといけません。

経済的なしんどさをひとりで背負うことなく、彼氏にも費用の半分を負担してもらうなど、2人で協力して遠距離恋愛のお金の問題をクリアしていくべきなんです。

そうでなければ、あなた一人が貯金できないといった状況に陥ってしまいますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-遠距離恋愛のコツ
-, , ,

執筆者: