遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

同棲

同棲で束縛が激しい人は要注意!結婚してからも鬼嫁、鬼夫になる可能性が

投稿日:2019年3月20日 更新日:

同棲相手からの束縛が激しいときは、ちょっと注意しなければなりません。

その後に結婚してからも束縛が続いて、自分自身疲れてしまう可能性が高いです。

ここでは、同棲相手の具体的に注意すべき束縛行為をご紹介します。

スポンサーリンク

一人で遊びに行かせない

自分が友達と遊びに行こうとすると、同棲相手が行かせないよう束縛してくることがあります。

たとえ、一人で遊びに行こうとしても、疑って許してくれないのです。

非常に不自由と言えそうですね。

 

帰りが遅いのが許せない

仕事だろうが買い物だろうが、帰りが遅いと文句を言って束縛です。

特に、会社の忘年会などだと、警戒して迎えに来ることも。

結婚してからが心配になりそうです。

 

食事は常に一緒

どんなときでも食事は一緒にとるよう束縛することもあります。

休日で家にいるときはもちろん、外出中も常に一緒です。

悪いことではないとは考えられるのですが、常に一緒はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

外に出るのも一緒

遊びに行くとき、実家に帰るとき、ただ買い物に外出するときも常に一緒で束縛です。

たまには一人で気軽に行動したいときだってありますよね。

ただでさえ、同棲が続くと一人でいたいときもあるはずです。

 

他の異性に目を向けさせない

会社の同僚や友達の恋人などはもちろん、街を歩く異性までも嫉妬の対象です。

ちょっとでもそのことについて話そうものならば、文句の嵐でしょう。

他に目を向けさせない束縛行為と言えますね。

 

服装などのダメ出しが多い

服装やファッションなどをダメ出しする束縛行為をすることも。

他人への嫉妬や常に一緒にいようとする束縛ならばまだしも、自分の趣向などを束縛されるのは疲れるかもしれません。

同棲しているのならば、相手をある程度受け入れてほしいものだと言いたくなりそうですね。

 

定期的な連絡をしないとダメ

「今から帰る」という連絡はもちろん、昼休み中にも定期的な連絡を要求する場合もあるんです。

また、出張中などでも朝の連絡を要求して束縛することも。

それらを一回でも忘れると、文句が待っています。

 

携帯電話の返信が遅いと許せない

加えて、携帯電話のメールなどの返信が遅いと許せないこともあげられます。

どんな理由があっても、納得してもらえません。

同棲中でもこれでは、結婚後も大変ですね。

 

携帯電話をチェックする

同棲中の家で、自分の携帯電話をいきなりチェックされることもよくあります。

そこで、異性の連絡先があろうものならば大変です。

おそらく、長時間説教が待っていることでしょう。

 

常に自分が優先

常に自分を優先するように、束縛してくるのもありますね。

たとえば、誕生日は会社を休むように言ってくる、自分だけ趣味を楽しまないように言うなどがあります。

結婚後は、ちょっと厳しすぎるかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-同棲
-, , , ,

執筆者: