遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

同棲

同棲にかかる初期費用と毎月の生活費の金額を記した家計簿公開!

投稿日:2018年12月10日 更新日:

さあ同棲をスタートしようとお互い決心しても、タダではできません。

どんな同棲をしようとしても、いろいろと費用がかかるのはおわかりでしょう。

ここでは、私の経験を基に、同棲の初期費用と毎月の生活費の金額をご紹介します。

スポンサーリンク

引越し代

まず、お互い新しいマンションに住むにせよ、相手のマンションに移るにせよ、この引越し代は欠かせません。

私の場合は、彼氏が既に同棲可能なマンションに住んでいたので、この引越し費用は私の分だけで済みました。

 

敷金などかからず、それはよかったのですが、困ったのは私の一人暮らししていたときの私物です。

どれを引越しで持っていこうか散々悩みましたね。

結局、服などの大半と家具家電のほとんどを処分することにしました。

 

服もそんなにいらないだろうし、家具家電も彼氏のものと被るのがその理由です。

ただ、家具家電はタダでは処分できません。

 

なんだかんだで、それらの処分代が約2万円ぐらいかかりました。

引越し費用自体は約3万円で済みましたが、その処分代を合わせると、引越し全体の金額は約5万円かかったことになります。

まあこれは必要費用なので、個人的にこれ以上削るのは難しかったですね。

スポンサーリンク

家具家電

先ほど家具家電は一人暮らしの彼氏のものと被るので処分したと言いましたが、やはり同棲となると新たに家具家電を買い換えたくなったのです。

タンス、冷蔵庫、洗濯機などは少し大きなものがよいと考えましたので、一部の家具家電だけですが。

 

また、心機一転したい気持ちもありましたので、カーテンなどもいくつか買い換えましたね。

おおよその金額で整理すると、タンス1万円、冷蔵庫6万円、洗濯機5万円、炊飯器3万円、カーテンなどの安いもの2万円ですね。

 

同棲の初期費用の合計は、約17万円になりました。

他にもいろいろほしかったのですが、これくらいで妥協しましたね、きりがないので。

 

でも、私自身そんなに初期費用の金額はかかっていない方だと思います。

ほしいものは後から買い足そうって思っていました。

 

生活費

一人暮らしのときと異なり、同棲しているとそれなりに生活費はかかるものですね。

私も彼氏もそんなに節約家ではないこともありますが。

 

そこで、毎月の主な生活費のおおよその金額として、家賃(共益費用など含む)15万円、光熱費6000円、水道代3000円、二人の携帯電話代その他通信費2万5000円、食費10万円、その他費用10万円となりました。

生活費の合計は、38万4000円です。

 

ただ、この金額が高いかどうかは人の収入や地域にもよりますが、私達には十分払える金額ですね。

上記は、もちろん二人合わせた生活費の費用となりますが、もっと節約できるとも思います。

特に生活費のうち、食費は工夫次第でマイナス1万円ぐらいはできそうかも?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-同棲
-, , , ,

執筆者: