遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛で年に一度しか会えない場合の気持ちの持ち方

投稿日:2018年7月22日 更新日:

遠距離恋愛においては、年に一度しか会えない場合も珍しくありません。

その場合、特に女性は気持ちの持ち方が重要になります。

一年は短いようで長いものですので。

よって、ここではその気持ちの持ち方をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

会ったときを楽しみにする

遠距離恋愛で、年に一度しか会えないのは確かに辛いでしょう。

しかし、その会う機会は、お互いとても貴重な日々になり得ると言えます。

 

そのため、それはとても幸せを実感できる楽しいものになるはずです。

逆に考えるのならば、気持ちの持ち方次第で、そのときまでとても楽しみになりそうではありませんか?

 

そこで、いろいろと遊びに行く場所の計画を練ったり、彼の似合う服といった相手へ渡すプレゼントを探したりなどをすると、けっこう楽しそうです。

また、彼のための料理の新しいレシピを試してみたり、彼の好物をおいしく作る研究をしてみたりと、女性ならではの楽しみ方もありますね。

 

そこで、友人や家族にアドバイスをもらって盛り上がるのもよい気晴らしになるはずです。

言うならば、遠距離恋愛ならではの楽しみ方と言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

明るい将来を思い描く

年に一度しか会えないと、その遠距離恋愛の将来にネガティブなことを思いがちです。

このまま自然消滅しそうなど不安にな瑠湖も多いですよね。

しかし、ここでもポジティブな気持ちの持ち方をすることをおすすめします。

 

たとえば、これだけ会うのを耐えているんだからきっと将来は幸せになれるはずだ、私たちは強靭な精神を持ったカップルなので破局することはない、などです。

つまり、明るい将来を思い描くということになりますね。

 

ただそれだけですが、それだけで女性は心の支えになることができるはずです。

何か目標や目安があるのならば、人間は困難に立ち向かっていけることが多いと言えます。

大学入試の受験などがよい例ですね。

 

相手のことを考える

年に一度しか会えない女性にとって、その耐える期間は辛いものでしょう。

しかし、それは相手の彼も同じことなのです。

 

決して自分だけが辛いわけではないのだと思うと、少しはその辛さが楽になりそうです。

その気持ちの持ち方でいけば、自分は一人じゃないと思えるんですね。

 

遠距離恋愛は、会えないといった辛いことを耐えなければならないのですが、彼と二人で立ち向かっていこうと思うと、何が来ても大丈夫という気持ちになるはずです。

現代は通信手段も豊富であり、毎日連絡をとることも容易なので、毎日二人で元気づけながら支えあっていこうと考えるとよいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-遠距離恋愛のコツ
-, , ,

執筆者: