遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

同棲

ビシっと決めろ!言いにくい同棲の挨拶をしに行くときの服装は超重要

投稿日:2017年8月15日 更新日:

同棲を決めたときに男性であれ女性であれ、相手の両親に挨拶に行くことが多いかもしれません。

その際、自分への第一印象はよいものにしたいですよね。

ここでは、女性の私の経験を交えながらの同棲挨拶時の服装についてご紹介します。

スポンサーリンク

基本はスーツが好印象

男性ならば、服装はスーツで挨拶に行くとどんな両親であれ基本的に好印象を持つでしょう。

スーツを着ると、緊張すると同時に自分自身も気合が入るはずです。

私の両親に現夫が同棲の挨拶したときもスーツを着ていましたが、私の両親には好印象に映ったようです。

 

また、着用するスーツも普段仕事で使っているくたびれたビジネススーツはやめておいた方がよいと思います。

もちろん礼服など着用するのはやりすぎで、新しくスーツを新調するのもどうかなと言う感じですが。

よって、所有しているスーツをアイロンがけなどして着用すれば十分でしょう。

 

ネクタイも紺色で無地など派手すぎないものが無難です。

逆に女性が男性の両親に同棲の挨拶に行くこともあるでしょう。

 

その場合ももし服装に自信がないのならば、スーツでも問題ありません。

ただ、女性が挨拶のために着用するスーツをチョイスするのはちょっと難しいかもしれませんね。

 

スーツ以外でも

私の両親も言っていたのですが、スーツで挨拶に来られると両親側も構えてしまうこともあるそうです。

そのため、必ずしも同棲の挨拶においての服装はスーツである必要はないかもしれません。

しかし、スーツ以外を着用する際も清潔感は重要であり、デニムにTシャツはNGです。

 

男性ならば、ジャケットに落ち着いた色のパンツ、女性ならばカーディガンにシャツなどがよいと思います。

私が現夫の両親に同棲の挨拶に言った際も上記のスタイルで行きました。

 

それで特に問題はありませんでしたね。

もちろん、第一印象という面から見れば、服装の汚れやしわなどはあまりよろしくありません。

よって、スーツ以外でもビシッとした印象を持たせるためにも、きちんとクリーニングに出すなどしておきたいものですね。

スポンサーリンク

相手の両親のことを聞いておく

ちょっと面倒かもしれませんが、相手の両親のことを聞いておくのも同棲挨拶時の服装を決める際の有効な手段です。

たとえば、保守的な両親ならば絶対にスーツ、くだけた両親ならばある程度カジュアルダウンするなどの対策をとれます。

そうすれば、ある程度は迷っている服装を絞り込むことができるのでおすすめです。

 

特に、女性の場合はこの方法はかなりよいはずです。

私も現夫に両親のことを聞いておいて、挨拶のときの服装を決めた一人です。

 

靴やバッグの小物に注意

お洒落にうとい男性が忘れやすいのが、靴やバッグなどの小物。

ぼろぼろに履きこぼした靴や、すりきれたバッグは彼女の両親に「こいつ給料は人並みにもらえているのか?娘を渡して大丈夫なのだろうか」

という余計な不安を与えてしまいます。

 

わたしの彼も仕事で色あせた靴しかなかったので、挨拶するときを気に新調して革靴を履いて行ってもらいました。

父親は玄関先までは出迎えに行かないものの、母親って靴なんかも細かくチェックしてるんですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-同棲
-, , , , ,

執筆者: