遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

同棲

社宅や在宅手当をもらっている場合、同棲は会社に報告すべき?

投稿日:2017年6月11日 更新日:

基本原則は、世帯で考えましょう

img_768715072758syoutengai_tp_v

同棲という共同生活形態は、法律的な定義から言いますと、

「同棲」というのは定義がありませんが、世帯で考えると2世帯住宅と同じで、

原則的に同居人が同じ家に暮らし、水道、ガスなどのインフラを共有していることになります。

結婚していないのであれば、当然同棲の住民税はそれぞれ2人別々に支払うことになります。

会社も当然、同棲カップル同士で違っていることも多いでしょう。

 

夫婦の別居と同棲がやや違うところは、税金などで異なってくるのです。

では会社から住宅費用の一部を受け取る住宅・在宅手当や社宅の場合は、社内での同棲はどうなるのでしょうか?

実は同棲の生活における大部分の住宅の基本は、会社における一般賃貸のケースの生活と同じです。

スポンサーリンク

会社の方針次第の場合もあります

最近では少なくなりましたが、社内恋愛禁止の会社の場合は、社員同士が同棲することは禁止している場合があります。

これは、会社の手当などの不正受給の問題で、社内の会社規定に抵触する恐れがあるからです。

異なる会社で同棲の社員同士が会社から手当を受け取っていながら、一緒に同じ住宅に住んでしまえば、

片方の手当は不正に受給しているのと同じになります。

 

何故なら、同棲は同じ住まいに暮らしているので、本来は住宅手当受給資格とは、結婚などの会社が認める法律婚における、

会社社内の福利厚生に該当するからです。

ただし、社員以外の人でその会社と全く接点がない人との同棲の場合、同居人を認めないという事例はあまりないでしょう。

つまり、共同生活という前提で会社が認めるなら、同棲の2人の生計は別々であると解釈する事も出来るとう理屈が成り立つわけです。

 

もちろん会社の社内で「独身者に限る」としていた場合、独身者同士でも同棲は共同生活で、

世帯収入は一応どちらかが肩代わりできるか、あるいは共同で支出可能なわけで、

それでは他の住宅手当とか独身で社宅に住む人と不公平になってしまいますよね。

 

ですから、結婚を前提の上、同棲を考えてる最中で社宅や在宅・住宅手当を貰っている場合は

会社に前もって確認することは一応考えていた方が良いでしょう。

その方が、同棲している人は、同じ会社で社内手当を貰っている人に対して誠実だと思います。

スポンサーリンク

殆どは転居する時に必須となる

会社の社員寮は原則、同棲を認めていないケースがほとんどでしょう。

元々、独身者専用の住居補助として福利厚生の一環となっているからです。

問題は社宅ですが、これは集合住宅だったり、戸建て住宅をそのまま利用しているケースがあるため、社内では単身者の入居を前提とはしていません。

 

従ってそこへ同棲という生活があることは、会社の社内周囲からは一応「結婚を前提としている」といった印象を持たれるでしょう。

また、結婚が決まって住居を出る際の転居届には、転居理由をキチンと会社に報告しないといけませんから、

流石に「同棲していたが、手狭になった。」のは社内では正当な理由にはなりません。

 

同棲が一応、周囲の社員から理解されていたとしても、結婚が決まればそれまで受けていた会社の社内手当の支給は、

金額が変わるなどの可能性がある事を知っておくべきでしょう。

転居理由はやはり「結婚が決まったので。」などのような、具体的に世帯の生活が変わる理由でないと無理でしょうね。

 

結論から言えば、同棲は社会的にまだまだ低い見識

同棲というのは、前述したように法的な決まりは全くなく、単なる「同居人」です。

実際一人暮らしの条件で入居した会社が指定する以外の一般賃貸では、同居人は報告の義務があり、家賃は変わる事もあります。

これはその部屋の耐久性などを考慮しているからで、周辺住民との生活上のトラブルを避ける意味もあります。

また結婚の場合は家賃滞納の責任は世帯にありますし、同居人の場合ははその部屋に関して管理会社に意見や補修も求めることは出来ません。

 

家賃請求は世帯主に行くことになります。つまり、社会的、住宅に関する事から見れば同棲は、正規の世帯としては見られていないのです。

日本の場合同棲は会社の社内では、未だ堂々とした立場を確保するのは至難の業で、社内からは同棲を容認したり、

歓迎したりするムードはまだまだな気がします。

また会社は社内の規律等の関係で、同棲の生活に関して住宅の補助はまず度外視しているのが現状で、結構厳しい住宅事情というのはいがめませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-同棲
-, , ,

執筆者: