遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

一緒に暮らしたい同棲するには何て伝えればいい?

      2017/05/03

table-1031148_960_720

相手を好きになって、告白して、付き合って、お互いを知っていて・・・同棲したい!

そんな風に思ったとき、なかなかきっかけがないと同棲したいとは言えないことがあります。

相手がそこまで思っていない場合もありますからね。

今回は、同棲するにはどうすればいいかをご紹介します。

スポンサーリンク

自分から言うつもりで

私が同棲する時は、ハッキリ相手に伝えています。

私の場合は最初は遠距離恋愛の時に、暫くして会社の都合を合わせて、彼氏と相談し、

「嫁ぐ」感じにしたので、彼氏に地元で再度職を探して、引っ越しました。

 

結婚するまで色々準備したいこともあったし、彼氏も実家から援助を切って自活に入る決意をしたので、

生活費が必要になるし、2人で暮らした方が都合が良かったからです。

同棲するには、やっぱり将来結婚の2文字が頭に無いと、なかなか決意できませんね。

 

同棲が終わったのは結婚する2年目前くらいでした。「どうせ地元に引っ越すし、私もそっちで仕事が決まったから、一緒に住まない?」

と彼氏に切り出し、互いにメリットがある事をわかってもらって、それで同棲生活に入ったんです。

同棲するには「なんとなく一緒に居たい。」では、説得材料としては弱いですよね。

恋愛の延長に同棲するなら、やっぱりその先が無いとダメな気がします。

 

同棲は束縛という概念を作らない

一緒に暮らせば、プライベートなことはいろいろ制約は受けます。

同棲するにはトイレだってお風呂だって供用を覚悟しないとダメです。

同じ2人で部屋は生活でやっぱり汚れます。

 

同棲するには「共同生活だから、きっと協力してくれる。」と思ってると痛い目に会いますよ。

人に言われて気が付くことが、同棲では本当に多いですから、恋愛とは違って同棲するには、共同生活で赤の他人と暮らす覚悟はそれなりに必要です。

同棲するには「彼氏のお世話をいつもしていたい。」、「彼女をいつも見守っていたい。」はダメです。

 

「一緒に暮らしを作りたい。」、同棲するにはそういう気持ちが先行していないと、きっと期待外れになるはずです。

同棲生活は、共通に生活費を分担しますし、恋愛に比べ2人分余計にかかる出費も増えます。

ですから、そのことをデメリットと受け止めないで、彼氏や彼女どちらかが「一緒に生活してみない?」というのが同棲するには正解ですね。

スポンサーリンク

同棲する前に、遊びに行こう

同棲するにはやっぱり、お互いの日常を知っておくことは必要です。

私は、自分の部屋に彼氏を呼んだときは彼氏も料理もしたし、

洗濯もしていましたが、彼氏の自宅に遊びに行った時も、出来るだけ家事は積極的に「やらせて。」とお願いしてやってましたね。

 

どんな暮らしをしているか、お酒はどれくらい飲むとか、いちいち細かいことは普段は詮索出来ないものです。

でも、彼氏の暮らしを見れば一発ですからね。

スマホやパソコンを覗いたりはしませんが、「こんな趣味があるんだなー。」ってよくわかります。

そこで、一緒に音楽を聴いたり、たまには外食をそこから出かけるようにしてると、

相手も自分との生活を疑似体験できるじゃじゃないかと私は思えたんですね。

 

同棲するにはそんな何気ない普通の生活の中に、本当の生活とか結婚生活の原点を発見できるかどうかで、良い同棲だったか決まります。

「こんな感じだろうなー。」というのがわかれば、恋愛中に「一緒に住もうか?」

って話は自然と口に出来るもので、同棲するには、カップルの無意識の同意はやっぱり重要です。

 

焦らないこと

恋愛中でも、どちらかが年齢が高い場合、どうしても「次が無い」と考えがちです。

でも、次を頭に浮かべているうちは、結局恋愛も上手くいっていない証拠かもしれませんよ。

お見合いとか、婚活のような初めから結婚を前提としているのと違って、同棲しようかとなるのは、恋愛からもう一歩進んだ状態なんです。

 

同棲するには、もう片方で心配とか不安を抱える必要も無く、言ってしまえば、

別れ話だって相談して出来ることです。傷つかない別れだってありますよ。

 

私は同棲は2回ほど経験していますが、初回に比べて2回目は大体こうなると想像がつくので、

良くなる方向へ持っていけばいいと思うようになっていました。

なんだか普通に気張らず話せるようになったら、同棲するには「一緒に暮らしてみたいね。」とつぶやけばそれで充分です。


スポンサーリンク

 - 同棲 , , ,

  関連記事