遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

マンネリになりがちな遠距離恋愛の電話で盛り上がる内容はこれだ!

      2017/04/11

仕事の話は意外にOK

blur-1853302_960_720

同じ仕事の話でも、愚痴とか上司や同僚の悪口などの内容は、遠距離恋愛では聞きたくないものですが、

私の場合はお互い会社員でしたので、彼氏に「今度プレゼン用レポート書くんだけど、

文章力が無いし、キャッチコピーとか苦手なんだよね。」と具体的な相談内容が電話では多いかったですね。

 

彼氏は「内容は違うけど、企画書ならいくつか持ってるから、ボツになったやつなら見せても良いよ。FAXある?」

とか、私が電話で「いやーパソコンで書類作成って疲れるー。なんでかなー?」とかの内容であれば、

彼氏は「この前のメガネじゃダメなら、部屋を明るくしてパソコンの明るさを下げると良いらしいよ。」などの具体的な電話内容です。

互いにパソコンを使うことが多いので、共通の話題でいつも相談したり話したりして、お互いアドバイスし合ってたりしていましたね。

スポンサーリンク

旅行の話

遠距離恋愛ではたまにしか会えないので、ちょっとしたお出かけも、

彼氏との場合に限っては遠距離恋愛の出会いの移動の話も旅行みたいな電話内容になります。

 

特に彼氏と別れて帰宅する際に、夜ではなく昼間に帰路になることがあるので、

”帰宅プラン”として、寄り道してどうやって帰るかとか、彼氏と電話でその内容をよく話していました。

彼氏がやってくる場合のルートも、私が彼氏の元に行く場合のルートも同じことが多いので、

新しく見つけた事とか、お店や観光地のようなものを見つけては互いに紹介しあってましたね。

 

食べ物の話

遠距離恋愛でも、これは互いに似たような趣向が無いと、ちょっと噛み合わないのですが、

食べ物や飲み物の話では、私の場合はこういった話の内容で電話が盛り上がることが多かったですね。

例えばファミレスなどで、ドリンクバーで何を混ぜると美味しいとか、料理もこうやってアレンジすると楽しめるとか、

電話やメールでそればっかりの内容では無いんですが、たまにこの話題が出ると次の日、

やってみた感想とか話し合ったりして遠距離恋愛も面白かったですね。

 

彼は料理があんまり得意では無いので、お料理の内容を含めた話は少ないのですが、

互いに職場で昼休みなどではメールで写メを送って、今日は何を食べたか知らせていたりしました。

それが次回の電話の時に、また話のネタになるんですよね。

スポンサーリンク

意外に効果テキメンの短い電話

私たちの場合は、遠距離恋愛中の電話でも滅多に長話をしませんし、そもそも寝る前の「おやすみ電話」とか、

「目覚まし電話」などは私も彼氏もありませんので、相手からかかってくるタイミングはいつだが全くわからない状態です。

 

友達からは「そんなんで大丈夫?」とかよく言われていましたが、彼氏との電話連絡が密でない分、

たまにある短いメール文章が、遠距離恋愛では非常に心に残ることが多かったですね。

「今朝駅で転んだ。」とか、何でもない事をポンと内容短くたまにメールで送るので、相手からは暇な時に電話でその話に必ずなってました。

 

こういうのはNG

遠距離恋愛中だと、どうしても双方のこれからとか将来、あるいは好きとか電話で「どう思ってる?」といった内容の話題になりがちです。

でもそういう話は、ネタが尽きてしまって無理やりひねり出している場合が案外多いんですよ。

 

3回以上この話題が連続すると電話もやっぱり、出るのもかけるのも億劫になります。

ほんとに最初の最初、付き合い始めてお互いの思いがはっきりしていない期間にあるのは構いませんが、

電話の場合は「要件」が含まれた内容ががある程度無いと、頻繁な遠距離恋愛の電話は「また例の話か。」となってしまいます。

気軽に電話がかけられる仲というのは、遠距離恋愛では、せめて夫婦に近いくらいに心を許していないとなれないものです。


スポンサーリンク

 - 遠距離恋愛のコツ , , , ,

  関連記事