遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

遠距離恋愛であまり電話しないカップルってあり?

      2017/04/08

電話しても話すネタが無いです

girl-1245713_960_720

普段の暮らしの中で、あいさつ程度の事にこだわって真剣に取り組んでる人って、仕事柄以外は、無いんじゃないでしょうか。

遠距離恋愛の電話内容って、かなり依存性のあるくどい「挨拶」というのがよくあります。

いくら好みの男性と遠距離恋愛で付き合い始めたカップルでも、プライベートが四六時中楽しいいことがてんこ盛り、というわけじゃありません。

 

それならいっそ電話しないでくれた方が、時間も有効に使えるし助かります。

遠距離恋愛でも好きな人といて楽しいのは、結局表情とか、顔とか動作を間近で見られるからで、

同棲、結婚生活では「安心する」感じが、結局幸せに思えるから、一緒に暮らしているんですよ。

 

ですから、遠距離恋愛の電話で、余計な言葉を重ねて空いた時間を埋めてしまうのは、逆にその依存性が相手にとってうっとおしいだけです。

やることが足りなくなると、大抵人は余計なお世話を先回りして行うようになるものです。

電話しないというのは、あまり余計なおせっかいを焼かない工夫でもあります。

スポンサーリンク

こういう感じがダメ

遠距離恋愛で、互いのプライベートスケジュールとかタイムテーブルを把握していると、帰宅時間とか起床時間とかわかりますよね。

そんなときにですよ、頼んでもいないのに早朝スマホにたたき起こされて、飲み過ぎでもう少し寝ていたいのに、

自分の親みたいに世話を焼かれるのは、実に迷惑な行動です。

 

それは食事の時にもうお腹一杯なのに、勝手にデザートが用意されているようなものですね。

「人のお腹の中まで心配しないでくれない?」ってなります。

大人なら、欲しいときは欲しいって冷蔵庫から勝手に出すし、食事も日によって食べたくないメニューだってあるじゃないですか。

 

それを「栄養があるから」とか余計なお世話です。精神的に依存度が高いからこそ、電話で心配を先回りしていまうんですね。

それならそれで、人を喜ばせるレシピとか工夫の方がよっぽど大事です。

そのレシピの中には、遠距離恋愛では要件が特に無ければ依存度の高いプライベートな電話はしない、そういう選択肢もあるんです。

 

電話に出る選択の猶予も無いってやっぱり納得でき無いことがありますし、人の世話を焼きたがる人って、

ホントは自分が満足したい、ホントは「してあげて良い事をしているから。」と精神的依存で感謝を押し付けているようなものです。

電話もこれと似たようなものでして、やたらと要件も無く電話をするのはいくら親しくても迷惑になります。

電話しないのも、くどい依存の無い、ある意味遠距離恋愛の思いやりなんですね。

スポンサーリンク

遠距離恋愛の連絡手段は様々

言葉の羅列では、多くのことは伝えるにはプライベートな内容ほど、テクニックが必要です。

でも誰もが文章力があるとは限りませんよね。

だからSNSなどを通じてだと文章力から言い足りなくて、どんどん文字の会話はエスカレートするし、

電話は通信料が跳ね上がり、そして最後は「プライベートで会えばわかるだろ。」です。

 

これじゃあ電話しない方がいいし、何ためにツールを使っているんだかってなりますね。

私はまとめて言いたいことがある場合、敢えて電話しないで相手に手紙を出しています。

読むか読まないかに関わらず、電話をしないでその方が自書しているうちに、心が落ち着くからです。

 

遠距離恋愛なので返事は彼氏に期待してませんが、電話しない分、気軽に依存も感じず大抵彼は返事を出してくれていました。

そこで相手の詳しい事情とかを知っておき、日常では時々思い出して、「そういえば、お母さんが入院してたっけ。」

と彼氏のプライベートを思い出したりして、「あれから2週間たったけど、具合はどうなの?」とか、具体的な用事で連絡を取り合います。

 

電話しないことが多くても、「また来たか。」ってならないため、絶対具体的な話になりますし、

出来る相談事も、よりプライベートなレベルで行えるようになるかもしれません。

またどうでも良い日常的なことは、以前はブログで今はフェイスブックとか設定でプライベート公開にして、

見られる人を限定、恋愛中であることは秘密にして、チャットで「飲み過ぎるなよ!」とか、そういった話をちょくちょくしていたくらいです。

 

電話しない頻度、電話依存無し状態は、比較的多かったですね。

「音沙汰無いのは元気な証」じゃないですけど、共にフォローしていればログインしたことはわかりますし、

何か彼が記事をシェアしたら、「ふーん、こういうことに興味あるのか。」って次回会った時に、話題のネタになることもあります。

 

遠距離恋愛といっても、今は物理的な距離はインターネットでほとんどゼロになっているようなもので電話しないスタイルでも、

あんまりプライベートで不便は感じません。

こういった今のツールのお陰で、大人らしい人付き合いは出来るもので、電話なんかに依存しなくても、

「そこそこ元気にやってるね。」ってことさえわかれば、会った時に余計に電話しないことで具体的な「音声」の会話に触れる新鮮さがあります。

 

遠距離恋愛って、すごく簡単にできるものなんですよ。結論としては、電話はほどほどで、

会っている時に充分なプライベートのコミュニケーションがあれば、電話に依存しなくてもハッピーになれるというコトです。


スポンサーリンク

 - 遠距離恋愛のコツ , , ,

  関連記事