遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛だからこそ親への挨拶が大事!気に入られるポイント

投稿日:2017年3月19日 更新日:

彼氏と寄り添って実家は絶対ダメ

haha160306000i9a2079_tp_v

彼氏の実家に行って、彼から自分を紹介される場合などは馴れ馴れしい態度で挨拶しては、絶対にいけません。

例え彼氏が自分の親に、自分と付き合っていることを事前に話していても、相手は初対面ですし、

遠距離恋愛中は会う頻度よりも多くは滞在時間が短いことが多いからです。

 

特に初対面の態度は第一印象では強烈で、いくら後から丁寧な応対を相手の親に示したところで、取り返しがつくようなものではありません。

それに結婚を考える時期や、それを頭に浮かべている状態ならなおさら、自分で姿見などの鏡を見て客観的にどう見えるかとか、

洋服やメイクがいつものように彼の気を引くために派手になっていないか確かめて欲しいものです。

第一印象を決定するのは、やはり見た目と最初の挨拶でみられるあなたの態度です。

スポンサーリンク

挨拶の言葉は何が適切?

遠距離恋愛も含めた男女交際で一番無難なのは、社会人のような態度と言葉遣いです。

「初めまして」と初めて、自分の名前をまず言ってから、彼氏の名前の後に「お付き合いさせていただいています。」と常套句をいうのはもはや常識です。

それと挨拶する際は、彼のエスコートで玄関に後から入らせてもらって、玄関先でまず初めの挨拶をするのがベターです。

 

遠距離恋愛だろうがやっぱり、相手の親は付き合ってる女性が将来の息子の嫁、そういう可能性を必ず頭に思い浮かべるものです。

人見知りがあなたの性格だとしても、多少は勇気をだして笑顔は見せて態度を明るく見せましょう。

家に「どうそおあがりください。」と言われたら、あなたは彼氏の後から上がるようにし、必ず振り返って、

彼氏と自分の靴を入り口に向かって前に揃えてください。

 

この態度を見せることも立派な挨拶の一つで、彼氏の両親で特に母親はこうした女性の態度をよく観察しているものです。

そして「失礼します。」と言葉を添えましょう。

一方彼氏を自分の親に紹介する時は、事前に付き合ってる男性のことは、どこかのタイミングで言っておくべきです。

父親にとってやっぱり娘という存在は、まるで自分の大切な恋人のようなものですから、

少なくとも1週間以上前から、彼氏が家に挨拶に来ることは知らせておくべきでしょう。

スポンサーリンク

話題をするより、聞き役に徹する

彼氏の家にあがったら、あなたは積極的に話題を提供することはしない方がいいですね。

確かに遠距離恋愛では、彼氏のご両親に会える機会はそう多くありませんが、普通の恋愛でもそれほど多いものではありません。

相手の親は、絶対にあなたの私生活や仕事とか、親の事を尋ねてきます。

 

しかしながら、立場は自分の息子と遠距離恋愛中の相手ですから、住所やその地元の話などは話題のきっかけで必要でしょう。

態度としては「聞かれたら応える。」という事にに徹し、詳しく話す必要があるなら、落ち着いてゆっくり聞かれた話題、

内容に沿って余計なことは言わない方が良いです。

 

仕事に就いているなら、年収や職場のことなどは言う必要はありませんし、プライベートすぎる質問なら、多少は曖昧でも構わないでしょう。

ここは彼氏のサポートが重要ですが、態度としてはあくまでも顔見世程度で初回は良いのです。

 

女性のあなたは何も家事を手伝わない事

相手の親に気に入られたいのなら、初めは自分が飲んだティーカップなどは、相手の親がそれを手に持つまでは、何もしないで頂きたいです。

遠距離恋愛ですぐにでも気に入られようと、思わず椅子から腰を浮かせそうになりますが、

その気持ちは抑えて「どうもすみません。有難うございます。」で軽く頭を下げるだけで充分です。

 

やがて数回以上、遠距離恋愛中であっても彼の地元へ行くときは、挨拶は一応しておくのが無難ですね。

訪問する機会があったら雑談を気軽に出来るようになったところで、「あ、大丈夫です。私もやりますよ。」といえば、相手の親も心地よい気分になるでしょう。

逆に彼氏を自分の親に紹介している時は、あなたが彼氏のお茶や片づけをしっかりやることです。

それが非常に彼氏とあなたの関係を、それとなく自分の親に見せていることに繋がります。

 

帰る時は一番最後で

最後に彼氏の方から「もうそろそろ行こうか?」というサポートをしてもらってから、

彼氏が先に玄関で靴を履き、あなたは靴を履く前にもう一度彼氏のご両親に、自分から先に「どうもごちそうさまでした。

これからもよろしくお願いします。」と帰りの挨拶をしましょう。

 

靴を履いたら玄関を出るとき振り返り、もう一度会釈をするのがマナーです。

繰り返しますが遠距離恋愛では、初回の第一印象がとっても重要なんです。

態度と動作はややゆっくり、脱いだ上着やコートは必ず膝の上です。

女性らしい態度をご両親にみせることは、「しっかりした子だな。」という印象を強く見せることになるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-遠距離恋愛のコツ
-, , , , ,

執筆者: