遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

遠距離恋愛が辛い、耐えられないと思ったときに読んでほしいこと

      2017/04/08

思い切り彼のことに集中する日があって良い

sunset-675847_960_720

やっぱり遠距離恋愛で辛い思いをすることは、正直度々ありました。

会えないというより、会ってしばらくして伝えきれてなかったなとか、もうちょっと遊んでおけば良かったなとか、

有給もっと取れないかなとか、遠距離恋愛では次に会うことばかり考える時はあるものです。

無理して用事を増やしたり、夢中になる何かを見つけようとしても、遠距離恋愛で気になることが先に頭に浮かぶので、やっぱり頭から離れないです。

 

辛くなった気分の時に彼に私がお願いしたのは、普段使ってる鞄とか、

身の回りの物を送って欲しいとお願いしたことで、「新品じゃなくてボロボロでもいいから、送ってね」ってお願いしました。

彼氏から「なんで?」って言われましたけど、私が「たまに思い出したいから。」といったら、

笑って納得してくれて、使い古しの鞄を彼氏は送ってくれました。

またそれほど辛いことが遠距離恋愛で無くても、彼と一緒に写った写真ではなく、

それに彼だけが写った写真を一緒に添えてもらって、それを玄関に置いたり、居間に置いて、

帰ってくるたび心の中で「ただいま。」と言ったりしてましたね。

 

遠距離恋愛中で仕事なのでちょっと嫌なことがあったりしたら、臭かったけど、鞄の臭いとか嗅いだりして、

人から見られたら恥ずかしいけどいいじゃないですか。

物理的に彼の物や思い出で部屋が満たされているっていうだけでも、遠距離恋愛の辛い気分が和らぐし、寂しく無いです。

スポンサーリンク

新しい場所に出かけよう

遠距離恋愛で会えない時が多いと、ついつい寂しく辛いので、彼氏の面影が落ちてないか思い出の地に行きたくなっちゃいますよね。

でもやってみると、案外思い出とは切なく辛いもので、結局全部過去の出来事じゃないですか?

あんまり過去を今からリピートさせない方が、遠距離恋愛は辛く無くていいと思うんですよね。

 

だから私は全然違う場所を旅行先に選んだり、敢えて人が多い都心部とかそういったところへ、オシャレして出かけるようにしていました。

最初はカップルを見て羨ましくなるけど、不思議と慣れると、「あー彼氏みたいだ、あたしたちみたいだなー」

って自分たちの事を思い出して微笑ましい気分になりましたね。

言い争いしてるカップルを見ながら、「あらあら彼氏、彼女も大変ね。」と思ったり、

「そういえば、彼氏ジョギング始めたとか言ってなー。お店覗いて写真でもおくってやるか。」とか、そういうことを考えて遠距離恋愛中は暮らしてました。

 

食事も外食する時は、料理だけじゃなくて、お店の外観を写真に撮って彼氏にメールで

「今日ここ行ってきた!」とか短文で伝え、特に一緒に行きたいとか、そういうんじゃなく、何気ない日常を私の思い出として彼氏に伝えていましたね。

他人のカップルを見て、遠距離恋愛の辛い気持ちを紛らわせるってことも出来ました。

後から彼氏が「こないだ写真送ってくれた店、僕の地元にもあったよ。例のランチ、確かに美味いわ。」とか、

食事を通じて話題が出来たし、自分で調べてくれたんだなって心のつながりを感じます。

 

好きとかそういう言葉じゃなくて、遠距離恋愛の共通の感情とか体験がこっちは欲しいのですから、

それを察してくれた彼氏も、今度行ったら連れってくれって言ってくれてました。

彼もジョギング最中、転んだことを写真ではブログ、動画ではYouTubeにアップしてくれてたので、

コメントに「馬鹿だねーw」と書いたりしてネットを通じて遊んで思い出を共有していましたね。

互いのアカウントは知ってましたから、何か「事件」があると、動画を撮るのが楽しみになり、これも遠距離恋愛の辛さを和らげてくれました。

スポンサーリンク

夜はさっさと寝るに限る

私の場合は、遠距離恋愛の時は、些細なことはメールでもLINEでも全く連絡を取りませんでした。

信じあっているというより、私も面倒くさいし、彼氏も出来る時と出来ない時があるので、

後からいちいちそれを連絡してフォローするのも面倒臭かったからです。

 

仕事を終わってから何をやっているか知らなかったし、後ろめたいことがあれば、どうせ人は何が何でも隠しますから、

遠距離恋愛は辛い、辛いとクヨクヨしても始まらないんです。

むしろ「髪切ったぞ!」とか、「スマホ壊れたw」とか、どうでもいい話の方が聞く側も辛い気分も無く面白いし思い出も残りますね。

 

それとやっぱり明るく過ごすには、夜はキチンと寝てしまって、生活を規則正しく守ることです。

遠距離恋愛で遠く離れていても、深夜に彼だって寝ているんだと思えば、

特に心配する必要もないし辛い気持ちも翌日には忘れていることもありますしね。


スポンサーリンク

 - 遠距離恋愛のコツ , , , ,

  関連記事