遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛は会えない時間が長いほど別れる確率が高いって本当?

投稿日:2017年1月21日 更新日:

遠距離恋愛は新鮮ってホント?

board-1820678_960_720

大抵私が以前、遠距離恋愛中に「今遠距離でお付き合いしている人がいるよ。」って人に話すと、興味津々で「寂しくないの?」

とか、「やっぱりたまに会うと新鮮?」、「なかなか会えないって辛くない?」って聞かれます。

でもですね、経験者談で言わせてもらうと、距離が近くても気持ち次第じゃ会えない寂しい気持ちは、いつだって起こるものです。

 

相手のプライベートが常に近くにあると、それだけ気にしなければならない事って多いです。

そういう意味では、遠距離恋愛はむしろ会ってから色々考える機会が多くて、「そういえば、あの時こんなこと言ってたなぁ。」

とか、思い出して会えない間は頭の中で深く考えるものなんですよ。

そういう意味では、遠距離恋愛で会えない方が新鮮というより自分の思いは深くなります。

それにたまに会ったからと言っても、いつも楽しいってことばかりじゃありません。

 

多少なりとも、言い合いもありますし、「今回は残念だったな。」って思う機会もあります。

ただ、1回1回の出会いを大切に考えようと思うのは、彼氏と私で思いは同じでした。

ケンカは流石に避けようとするけど、その分言葉に余計に気を遣うわけで、話が少ないカップルだとあまり上手くいくような気がしませんね。

スポンサーリンク

時間配分を気にして!

恋愛の場合同棲とかしているならまだしも、会えない時間を埋めるために休みを長くとったとしても、

遠距離恋愛では時間は自由などと、そうもいきませんから、お互いにいずれは自分のプライベート、彼から遠い個人の生活に必ず戻ります。

物理的に距離がある分、相手が今何をしているかこまめに連絡するのも、やっぱり気が引けるものです。

 

私の場合は彼が「いつでもメールや電話してくれてもいいよ。」って言ってくれたんですが、仮にそれで素直に応えて、

自分がそうじゃなかったら彼に悪いし、遠距離恋愛って結局自分の住まいがその地元でしっかり根付いているものですからね。

だから、「ゆっくり時間をかけてわかり合えればいいや。」って構えていると、本当に何もしないでおけば、

会いないまま遠距離恋愛の会えない時間や期間は、1か月なんて平気で過ぎてしまうんです。

 

それが毎日、いつもになると、彼がいなくても平気に慣れちゃうし、それって案外危険な状態ですよ。

時間割じゃないけど連絡が取れる時に、具体的な約束とか、会えない間も相手のスケジュールは把握しておかないとダメです。

これって自分の私生活のスケジュールも影響するので、そうして時間配分をきちっと決めておくのが遠距離恋愛のコツかもしれません。

スポンサーリンク

遠距離恋愛で失敗は?

流石に何度もありませんが、仕事柄地方に行く事が多かったので、私の場合はこちらから恋愛に向かっていった感じです。

失敗したなと感じた恋愛経験は、元彼がこっちで出張中で仕事で来ている時に出会った経験ですね。

もちろんこのパターンは個人的なものですけど、それまで2人で一緒の時間を過ごして、

やがて彼が地元に帰ってからその感覚がぬぐえなくて、どうしても会いたいって気持ちが余計に強くなり、心に余裕がなくなった時でした。

 

こうなると焦りみたいなものが出てきてしまって、普段なら何でもないことに感情的になったり、

気持ちも意味も無く不安になったり、時間がたつにつれて辛くなった記憶があります。

とにかく遠距離恋愛では、次に会えるタイミングがいつ来るのかってことに気を取られ、彼氏と会えないことが仕事にも影響していた気がします。

 

それが原因で会う機会の少ない遠距離恋愛にもかからわず、「お互いに冷却期間を持とう。」となって、だんだん疎遠になったパターンですね。

出会って新鮮というよりも、無計画に期間や時間を気にせず考えていると、年齢とかプライベートや環境が変わって、

いずれは会う機会すら少なくなります。

 

長すぎる会えない恋愛期間は、遠距離恋愛の方が失敗する確率が高いですね。

今は結果として別の方で成功したわけですが、互いに私生活の事情を知っていたので、なんというか出会うた度に計画的で、

次はこれ、次はこれと時間がある時に楽しみとか用事とか次々行って、結局短期間でゴールインしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-遠距離恋愛のコツ
-, , , ,

執筆者: