遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

遠距離恋愛ソング

胸キュンして切なくなる女目線の遠距離恋愛ポエム特集

投稿日:2017年1月6日 更新日:

昨日見た雲はあなたの道に

windmill-1653294_960_720

あの雲は昨日からあったわけではありません

いつか生まれそして消える雲は今日もどこかで生まれます

遠距離恋愛で知り合った

あなたが歩いた道にいつもついてくる影

 

遠距離恋愛で知り合った

あなたが傘をさして靴を濡らす雨音

その雨粒もわたしのところから生まれている

わたしの家に降る雪

わたしのところで響く雷鳴

 

あなたのところで降った雨はやがて

からなず待っているわたしのところで降るの

遠距離恋愛で知り合った

世界中の海だってあなたと同じ

広くそして優しく時にはきびしく私を叱ってくれる

 

また雲が見えたらわたしを探してね

わたしもかならず探して、

遠距離恋愛だとしても それがどんなに遠いものでも

あなたをみつけてみせる。

スポンサーリンク

彼との思い出に浸る女性のポエム

最初にご紹介するポエムは、遠距離恋愛で彼との思い出に浸る女性のポエムです。

遠距離恋愛では会える時間も、タイミングも限られているため、彼との思い出の地を歩いたり、季節の変わり目などを感じる様子を描いた散文詩的なポエムですね。

心がざわついて眠れない夜など、こうした短い文章で綴られたポエムを読んで心を落ち着けてみるのはいかがでしょうか?

 

もう夜は怖くない

遠距離恋愛で気が付いたこと それは

夜のとばりがとても怖かった

いっぱいの音に紛れて寂しさがまぎれるひるま

デートの最中では気が付かなかった

 

それがしばらく少なくなってしまって

あたり一面、明かりが寂しさを照らすの

遠距離恋愛ってこうなんだね

くらやみの明かりは、ぽつんとしている

 

暗闇ではわたしも、わからないもの

この場所にあなたの吐息が聴こえたら?

この場所にあなたの細いちょっと頼りなかった手が。

あなたは男のくせに弱虫だったよね

 

わたしはあなたを遠距離恋愛の中で知った 本当に

あなたの少しだけ冷たい唇

めったに見れないあなたの涙

あなたのなんだか長いまつげ

それがあるなら怖くない

遠距離恋愛だって怖くない

きっともう、わたしは怖くないはず

 

それぞれ自分の生活へ

遠距離恋愛中のカップルでデートを重ねて、それぞれ自分の生活に戻ると、そこには静かで孤独な夜が待っています。

その夜の孤独について描いたポエムで、女性の彼氏への強い思いと、彼氏を信じたい気持ちをポエムで表現しています。

夢や希望に満ち溢れた明るいポエムも心を励ましてくれますが、リアルな思い出に浸る女性の心を代弁してくれるポエムもまた良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

明るく暗く泣いて笑い

明るい子だね。そんなことはない

我慢強いね。そんなの嘘だ

泣き虫だっていいじゃないか

笑い上戸はアンタらのためよ

 

わたしはほんとうを見せたくない

きれいだね。嬉しくないよ

かわいいね、どうせお世辞でしょ

一体どこをみているのよ

だって今私は遠距離恋愛中

 

わたしは孤独

わたしは結構暗い

わたしは泣くのが悔しい

わたしはさみしくない

けど、やっぱり人見知りで臆病

 

だって私は遠距離恋愛中

あなたは私がいいという

わたしであって欲しいといってくれる

わたしとあなたでやっとひとり

 

だって私は遠距離恋愛中

聴こえる

聴こえるでしょ

私の耳にあなたの胸にある鼓動が聴こえる

あなたはわたしを映してくれる

あなたの耳にも私の声が響いている

 

それが本物

道が途絶えた先に、波打つ影をみたわ

あなたはきっとやってくる

遠距離恋愛だってきっと いつか会えるから

そして私はやっと自分に出会えるんだわ

 

本当のわたしのポエム

最近は社会人になってから、ある程度の生活に疲れて親しい人に会いに、故郷に帰ってそこで馴染みのある人と遠距離恋愛をする人が多いようです。

このポエムでは、主人公の女性が会社などで自分が見られているのと、遠距離恋愛で彼氏に見せる本当の自分とは違うということを訴えているポエムですね。

ポエムの中で、本当に自分を理解し愛して心の触れ合いは遠距離恋愛中の彼氏だけ、そんな感じのするポエムです。

 

君の背中の向こう側

道に迷ってたどり着いた滝を覚えてる?

あなたのくれた小さな小箱に、たくさんの造花を詰め込んだよ

覚えてる?きっとあれだよ

遠距離恋愛のまんまんなかで

何年も聴き続けて伸びたカセットテープ

 

もう聴けないけど私の宝物

懸命にしがみついて頑張って、くじけて立ち直って

ずっと遠距離恋愛 だけど

今でもやってる 同じことを

君の肩の向こうに見えた潮騒

喧騒に消えた笑い声 覚えていますか?

 

そうだよ私たちの遠距離恋愛の思い出だよ

失敗だらけの初恋だったけど それでも好きを続けていた

その向こう側に君がいたんだ

遠距離恋愛の向こう側、あなたの肩の向こう側にね

 

あなたは私に話してくれた思い出

今度は私が見る番だよ

つくろうね新しい思い出 遠距離恋愛の中で

もう一度小箱に花を詰めていこうよ

 

遠距離恋愛の中で

今度は枯れちゃうかもしれない

それでもいい

 

遠距離恋愛だってさ

あたり一面、花で埋め尽くせば

君の肩の向こうには、幸せがいっぱいあるんだよ

わたしはそれを眺めていたいの

 

男女どちらの目線読むことができるポエム

このポエムでは、遠距離恋愛中の男女どちらの目線でも主人公を置き換え、読むことのできるポエムです。

ポエムというのは、一種の文字の空間を読むことで想像力をよく使うものです。

遠距離恋愛では、特に男女の距離が離れているので、想像力はこのポエムの内容の様に逞しいものではないでしょうか?

現在遠距離恋愛中で、その距離に悩んでいる遠距離恋愛カップルの方々は、このポエムを読んで、互いの愛を確かめ合って欲しいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-遠距離恋愛ソング
-, , , , ,

執筆者: