遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

女性が考えておきたいダメージが大きい同棲のデメリットとは?

      2017/04/08

同棲のデメリットは女性の方がダメージがある

PPP_mukishitunaakaibenchi-thumb-815xauto-12891

同棲するということは、結婚前提の場合でも、まだ結婚を考えていない場合でも別れることを想定してスタートすることはまずないと思います。

愛し合っている恋人同士だから離れたくなくて一緒に生活するわけです。

同棲することでデメリットがあることを考えていたらためらってしまいそうですが、やはりデメリットもあることを知っておく必要はあると思います。

とくに女性の場合はダメージが大きくなることも想定しなくてはいけないので、女性が知っておくことで心の準備に役立つ情報を集めています。

スポンサーリンク

男性にとって同棲の方が都合が良い

同棲することでメリットもあります。

お互いの行動がよく見えるので、不安になることも少なくなるでしょう。

経済的にも、家賃や光熱費などを節約できるし、イイことばかりが目につきます。

それでも結婚ではないので、もしも男性が急に収入がなくなった時や、ケガや病気で仕事ができない時などには生活を女性が支えなければいけないケースもあります。

 

様々な保険で損をする

結婚している夫婦であれば、様々な社会保障の制度があるので負担もそんなに心配することもありません。

しかし結婚していない男女の場合は社会保障の制度が適応されないのです。

同棲が続いても男性が結婚したがらない場合は女性には不安が大きくなるのもこのような保障のない生活を続けなくてはいけないからです。

男性は結婚することで社会的に責任が重くなるので、同棲の方が気楽で都合が良いと考えるようになると、なかなか結婚を考えてくれなくなるかも知れません。

スポンサーリンク

恋愛感情が薄れることも

恋愛感情というのは、長い年月を経ても薄れない人がいないわけではありません。

でもカップルの半数以上、もっと多いかも知れませんが、年月を積み重ねればドキドキしたりワクワクするような恋愛感情は薄れてしまうことが多いのです。

ただし、その恋愛感情の代わりに家族としての信頼関係や安心感などが生まれることで、長く一緒にいられるのです。

そのような家族としての感情を育てることができないと、相手のことを恋愛対象として見られなくなってしまいます。

一緒にいる時間が長くなる同棲のデメリットとしては多くのカップルが経験することです。

 

別れる時のダメージは女性の方が大きい

同棲をしていた男女が別れる時には女性の方が大きなダメージになるケースの割合が高いです。

デメリットとして別れる時、別れた後のことも考えてみましょう。

今どきの世の中では、女性の結婚適齢期なんて問題になることはなくなってきました。

それでも女性が子供を産める年齢には限りがあります。

女性は35歳から急激に可能性が少なくなるので長く同棲すればするほど、別れた時の女性が受けるダメージは大きくなってしまうのでしょう。

色々なデメリットがあることを覚悟して、ダメージをできるだけ避けられるようにしてくださいね。


スポンサーリンク

 - 同棲 , , ,

  関連記事