遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

恋愛テクニック

実際に送っている遠距離恋愛のメールの内容を公開しちゃう!

投稿日:2015年9月8日 更新日:

メールは欠かせないツール

flowers-622533_640

メールやLINEのメッセージは、遠距離恋愛でなくても今や恋愛に欠かせないツールとなっています。

24時間いつでも連絡が気軽にとれるので、二人の距離が離れていたとしても寂しさを感じにくいはずです。

しかし、メールに頼り過ぎてしまうのは注意しなくてはいけませんね。

便利に使えるからこそ、うまく活用しなくてはいけないのです。

遠距離恋愛をしている女性たちは、メールやメッセージを上手く活用できているのでしょうか。

距離を感じさせないためにも最大限に活用できるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

毎日の習慣にする場合の内容

遠距離恋愛では、毎日の出来事をお互いに報告できるような時間を頻繁に作ることは難しいもの。

自分の毎日を知って欲しい、そして相手の毎日を知りたいという欲求に駆られれしまいがちです。

でも、事細かにその日の出来事が書かれた長い文章が毎日のように届いたら、ちょっと疲れちゃいますね。

メールを毎日送るのは習慣としても良いと思いますが、「おはよう」「お疲れ様」「おやすみ」という挨拶に短い言葉を添えるくらいで充分でしょう。

本当は、もっと色々話したいことはあるけど、それは会った時までのお楽しみにしているという期待を覗かせてもいいと思います。

自分が長文を送った時に、数行の短い返信しかなかった時はガッカリしてしまいます。

そんな落ち込みの材料を作らないためにも、メールの内容はあっさりしたものにするのが良いでしょう。

そんな毎日の習慣の中に、時々ドキッとするような濃い内容があると、送られた側は嬉しく感じるものです。

スポンサーリンク

寂しい気持ちを表現し過ぎない

会いたいのに会えないという寂しさは、お互い同じです。

だからと言って、寂しさをそのままストレートにメールの内容に綴り続けると、彼はどうしたら良いかわからなくなってしまいます。

遠距離恋愛中のメールでは、一人でも充実した時間を送ることができていることを伝えられるようにしましょう。

そうすることで安心させてあげることができます。

ただ、注意しなくてはいけないのは「あなたが居なくても全然大丈夫」というニュアンスは避けましょう。

自立していることを伝えるのは安心感も与えますが、「自分なんて必要ないのでは?」と不安を与える可能性もあります。

寂しい気持ちを抑えて、きちんと生活しているということを伝えられるようなメールの内容が良いと思います。

時々は思い切り寂しいと甘えることも必要だと思いますが、毎日の寂しいというニュアンスを送り続けると、そのプレッシャーから関係がぎくしゃくすることもあります。

それが修復できないと遠距離恋愛を続けられなくなることもあるので注意しましょう。

ポジティプな内容を中心にしていれば、メールが頻繁に届いても重いとは感じられないと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-恋愛テクニック
-, , , ,

執筆者: