遠距離恋愛LOVE 彼との結婚にむけてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛をしている女性へ彼とのゴールインである結婚するために、コツや秘訣など体験談を元に書いています。

*

遠距離恋愛で送るメールの頻度はどれくらいがベスト?

      2017/04/08

どのくらいの頻度で送ったらいいの?

smartphone-593348_640

遠距離恋愛は、世の中が便利になるにつれて不便なことも少なくなっています。

例えばネットを使えば顔を見ながら話すこともできますし、電話料金で経済的負担を強いられることもありません。

どんどん便利になるのは嬉しいことですが、その便利さから遠距離恋愛では時々困ったことも出てきます。

例えばメールです。

毎日のようにLoveメールを送っていたら、彼の気持ちがどんどん離れてしまったとか。

そんな悲しいことにならないように、二人の遠距離恋愛の絆になるようにしていきたいと思いませんか?

そのためには、どのくらいの頻度で連絡をするのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

頻度の問題ではない!内容が問題

連絡をこまめにするのは悪いことではありません。

メールや電話を毎日するのも遠距離恋愛じゃなくても恋愛中の二人なら特別なことでもないでしょう。

問題は頻度ではないのです。

内容が相手を束縛するように、直ぐに返事をしないと浮気を疑ってしまったり、自分が期待していたレスポンスがないと怒り出すようなことではNGです。

遠く離れていれば不安な気持ちになるのは当然ですが、束縛というのは自分の不安な気持ちを解消するために相手の行動を制限することになります。

「どうして返事をくれないの?」「今日はどこで何をしているの?」というメールの内容を短い頻度で送るようなことは止めましょう。

とくに社会人の男性に場合は、仕事の付き合いで返事ができないこともあります。

学生でも、男性の中にはこまめな連絡そのものが苦手という人も女性よりも割合が多いようです。

もしもマメな頻度でメールを送っても、返事がどんどん遅くなるようになったら、しばらく連絡の間隔を長くとるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

直ぐ近くにいるような感覚になれる頻度

遠距離恋愛では、どんなに強い愛情で繋がっていても、時々泣きたくなるような孤独感に襲われることもあるでしょう。

物理的な距離をリアルに感じてしまうのは、慣れているようでも簡単に乗り越えられる感情ではありません。

そんな時に、まるで隣にいるように、自分に語りかけてくれるようなメールが届いたら嬉しいと思いますよね。

メールの頻度に気にすることなく送っても良いと思うのです。

そろそろ起きた頃かな、そろそろ家を出たかな、もうすぐ寝る頃かな。

そんな時に一緒にいる時と同じようにメールで語りかけてみましょう。

疲れている時や、孤独を感じている時には、短い言葉でもとても心にしみると思います。

メールの頻度を気にするのではなく、プレッシャーを与えるような内容にならないことがポイントなのです。

「忙しいと思うから、返信は無理しないで」という心遣いも添えるようにすると良いと思います。


スポンサーリンク

 - 遠距離恋愛のコツ , , ,

  関連記事